読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ記事セレクション

1.旧帝大、東大・京大受験生必見!おすすめしたい高校物理の問題集・参考書

2.【2016年版】おすすめ邦画ランキングベスト30を発表するよ!

3.橋口監督最新作『恋人たち』この映画を生きてるうちに観れて良かった。

迷ったらこれを聴け!2015年の至極のおすすめCDアルバム7選

音楽
スポンサーリンク
 
 
今回はぼくが今年発売の、聴きまくった、パワープレイした7枚のアルバムを紹介します。満員電車というライブハウスでヘビロテしてた曲たち。

 

星野源『YELLOW DANCER』

 

年末ギリギリにバケモンみたいなアルバムが発売されました。
初週13.8万枚を売り上げたこのアルバム。ぼくも13.8万人の一人。
CDが売れないと言われてるこの時代でも、やっぱり良い音楽は売れるんだなあとしみじみ。
 
星野源がブラックミュージックへの憧れと共に、日本情緒あふれるポップスを目指した結果、「イエローミュージック」と呼べそうな楽曲たちがつくられたこのアルバム。
踊らずにはいられない曲が詰まってるんですけど、その中でも特におすすめしたいのが一曲目の「時よ」
 

 
2015年の音楽シーンはこのアルバム無しでは語れない!最高。
しかも最近、このアルバムを引っさげて行ったライブツアーの映像化も発表されました。このライブ、実際に足を運んだんですけど、「湯気」で泣きました。笑
こちらも要チェックですね!
 
 
 

米津玄師『Bremen』

 

米津玄師の大傑作。

どれくらい凄いかというと、音楽に無関心なぼくの父親もハマってしまうレベル。(伝わんのかこれ。)

 

「ハチ」という名義で活動していたボカロ出身のアーティストで、邦ロック界に出てきたのはほんの最近。RADやBUMPをリスペクトしてるんで、曲調にもそれに近いものがあります。RADとかBUMP好きな人は絶対ハマる。
 
一曲一曲、ストーリーがあって聴きごたえがあるんですけど、特におすすめしたいのは
「アンビリーバーズ」
 
 
「ギターを使わない」という制約のもとにつくられたこの曲。自分で決めたことらしいんですけど、めちゃくちゃ苦労したとか。笑
 
 

きのこ帝国『猫とアレルギー』

 

女性ボーカルのこのバンド。美人で美声。最高かよ。

メジャーデビュー曲の「東京」で一気に有名になったんですけど、このアルバムはその方向性を確実に示したもの。

 

ボーカルの佐藤さんが大切な人を想ってつくったという今作。最初から最後まで聴いた時に大切な人の顔が思い浮かぶような一枚。

包容力に満ちた優しい歌声が魅力的。

 

おすすめしたいのはアルバムタイトルにもなってる「猫とアレルギー」

 

きのこ帝国 - 猫とアレルギー - YouTube

 

 

水曜日のカンパネラ『ジパング』

 

この人は音楽もライブもぶっとんでます。

名前を聞いたことある人は多いんじゃないでしょうか?

ヤフオクのCMで見たことあるよー!って人もいそうですね。

 

歌詞が意味不明な曲も多いんですけど、キャッチーで口ずさんでしまう曲たち。

今までに出した曲のタイトル「小野妹子」、「桃太郎」、「千利休」って。

 

一度聴いたらやみつきになる曲がすげー多い。

このアルバムからおすすめしたいのは一曲目の「シャクシャイン」

 

 
歌詞はちょっとわからないけど、ノッてしまう。笑
 
 

BLUE ENCOUNT 『≒』 

 

BLUE ENCOUNTの1stアルバム。これからグイグイくるバンド。

めちゃくちゃエモい。通学時間は手放せないアルバム。

 

音源も最高なんですけど、ライブを見てほしいバンド。

サビの爆発力はぜひとも体感してほしい

 

アニソン系のロックバンド好きな人は、きっとハマると思います。

このアルバムはほんとに全曲良い。どこから聴いても最高の一枚。

 

なかでもおすすめは「もっと光を」

ブルエンの代名詞とも言えるこの曲。これ友達にすすめてハマる人続出だった。。

 

BLUE ENCOUNT 『もっと光を』 - YouTube

 

 

[Alexandros] 『ALXD』

 

フランスのシャンパーニュ地方から苦情がきて、[Champagne]からバンド名が現在のものに変わったこのバンド。そんなことあるんだ

リスペクトがあるらしくUKロックっぽい音楽をしてる。

 

ボーカルが帰国子女で英語ペラペラ、小顔長身イケメンという神様にこの上なく愛された男。身長分けてくれ。

 

しかも曲もめちゃくちゃかっこいいから許せない。とくにこのアルバムは、今年のロングセラーにもなっている一枚。最近はフェスのトリなんかもやってるでかいバンド。ドラムが上手いのもこのバンドの特徴ですね。

 

アルバムからは「ワタリドリ」を。

歌メロと高音の声量が半端ない。

 

[Alexandros] - ワタリドリ (MV) - YouTube

 
 

Mr.Children 『REFLECTION』

 

名作という言葉でさえ恐れ多いアルバム。限りなくミスチルが攻めてる。濃すぎる1枚です。

 

「未完」っていう曲がはいってるんですけど、ミスチルでも「未完」なの。。

このメッセージはファンにとってはもちろん、他のバンドにも刺激を与えたんじゃないでしょうか。ミスチルに「未完」とか言われたら、人生まだまだ長いなあって思いましたね。笑

 

 

このアルバムからは映画『バケモノの子』の主題歌にもなっていた「Starting Over」。ラストで流れた時は涙腺やられた。

ライブの音源しかなかったー!

 

このライブも映像化されているんで、こちらも要チェックですね!

 
 
いかがだったでしょうか?まとめてみて思ったのは、音楽もやっぱりいいものは売れるんだなあってことですね。
全部2015年必聴のアルバムです!